車の綺麗を維持するには

コーティングの選び方

光沢や色合いを保つことが出来るのがコーティングです。保管場所・手入れの仕方などで効果が続く期間が変化します。ですから、状況に合わせたものを選ばれることをお勧めいたします。

ポリマーコート

新車の輝きをもう一度とりもどし、フッ素樹脂をベースの保護膜を作ります。 数年乗っている車を気持ちよく長く乗りたい方に最適です。

クリスタルコート

クリスタルコートとは、耐熱性や耐候性が高く効果の持続が長い高分子化合物を塗布します。硬くて透明な皮膜を作るもので、今主流のカラス系コートになります。親水タイプや撥水タイプなど、ご希望に応じて仕上げることが出来ます。

作業工程

どのように作業するのか、どんな感じに仕上がるのか、まずはこちらの作業工程をご確認ください。

付着物を落とす
付着物を落とす 一見きれいに見える車も、よく見ると水垢や排ガス、鉄粉や砂、虫、鳥のフンなど、さまざまな付着物がついています。
まずは、そのような付着物を、落とすことから始めます。
水洗いの前に鉄粉除去剤を塗布して、鉄粉を浮かせて落としやすくします。洗剤で洗ったあとに専用の粘土を使って、丁寧に付着物を落とします。
養生(マスキング)
磨きゴムや、樹脂の部分を守るため、マスキングテープとマスカー(ナイロン)で養生していきます。
これを丁寧にしないと、次の磨きの工程で、ゴムや樹脂の部分を傷めてしまいます。
磨き
磨き磨きは、表面を平らにすることが目的です。
コンパウンドを状況に応じて何種類も使います。使用するコンパウンドも厳選したものを使用しています。細かい傷はもちろん、あきらめていたような傷も、目だたなくすることも可能です。注)傷の種類によりますので、詳しくはおたずねください。
機械が入らないところは手で、ヘラなど特殊な工具なを使い丁寧に、磨きます。
水洗い・乾燥
水洗い・乾燥 水洗いをした後、ブロアで乾燥させます。コーティング剤が水に反応してしまうので、完全に水を切るため、しっかりと乾燥させます。
コーティング
コーティング 良く乾燥させたあと、いよいよコーティング剤を塗ります。いろいろ試した中から選んだ厚い膜と硬度が高いコーティング剤を使用しています。
コーティング剤ふき取り
コーティング剤ふき取り しっかりと全体をコーティングして定着したであろう絶妙なタイミングでコーティング剤をふき取ります。
仕上げ
仕上げ 本コーティングがしっかりと固まるまで、数日間かかるため、その間、外部からの影響を受けないように、もう一膜さらにコーティングします。
タイヤの保護・つや出し
タイヤの保護・つや出しタイヤワックスをタイヤに塗り、つやを出します。よりツヤが出るタイヤワックスを厳選して使用しています。足元をキレイにすることで、車全体がキレイに見えます。
最終チェック
最終チェック 細かい部分や内側、ウィンドーなど、厳しい目で最終チェックをして完了です。

お気軽にお問い合わせください。0467-51-3530受付時間 8:00-19:00 [ 第1,3曜日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。